セラピストになって良かったこと、大変なこととは?

セラピストになって良かったこと、大変なこととは?

セラピストは大変!?

セラピストのお仕事は人を癒すことができる素晴らしいお仕事です。

一般的に良く知られているのがアロマセラピストやボディセラピストなどのマッサージ系のセラピストです。しかし実はセラピストは奥が深く、専門の知識や技術を駆使するメディカルセラピストや他人の悩みやストレスなどを治療する心理セラピストなどもあります。

 

セラピストのお仕事は、主に「心と身体のバランス」を整えて不調を取り除き癒しを与えるというやりがいのある素晴らしいお仕事です。

一方で、セラピストのお仕事には体力を要する場面も多く、大変なことが多いのも事実です。ここでは、セラピストになって良かったこと、大変なことについてみていきましょう。

セラピストには向上心が必要!?

 

セラピストは技術向上が常に求められる職業です。知識力や技術力を磨いていくことで、よりお客様に満足していただけるセラピストになれるからです。

その為、日頃から最新情報に気を配り、技術を磨いていくことが求められています。多くのセラピストは休日や仕事終わりでもスキルアップの為に自費で講習会やセミナーを受けに行きます。現状に満足せず、常に向上心を持って仕事に臨む。そうして手に入れた知識や技術でお客様に今以上の癒しや満足感を与えることで、やりがいやセラピストとしての誇りを感じられます。

セラピストが体力勝負ってホント!?

 

セラピストの施術には体力が必要です。特にマッサージや整体などのお仕事は施術の際に強い力も必要になり、セラピストによっては腱鞘炎になったり、腰痛を抱えたりする人もいます。

働くお店によっても違いますが、立ち仕事で朝から夜遅くまで待機しなくてはならないこともあります。毎回全身マッサージを行うわけではないとはいえ、それが2回3回と続くこともあるので、体力を要するタフなお仕事ともいえます。

給料が低い!?

 

セラピストの年収は一般的に200万~300万円ほどです。これは、エステティシャンやアイリストの平均年収が300万円以上なことを考えると低いと言えます。

セラピストの年収はスキルによってかなり幅があり、熟練のセラピストにならないとなかなか安定して収入を得ることは難しいようです。安定して収入を得るためにはリピーターを掴むことが不可欠です。

その為には、資格を取得し高い技術を身に着ける努力が必要です。ある程度顧客が付いたセラピストのなかには、独立開業したりフリーランスのセラピストとして活躍したりして年収をアップさせている人もいます。

お客様の疲れをもらう!?

 

セラピストは直接お客様の身体に触れるお仕事です。お客様のなかには身体が疲れている、だるいというお客様や気持ちが疲れている、精神的にしんどいというお客様もいます。そういったお客様を担当すると、そのお客様の疲れがセラピストにも影響して、セラピストの中には「疲れをもらう」という状態に陥る人もいます。

 

もちろんお客様からまったく疲れを貰わないというセラピストもいるので、気にしすぎるのも良くないのですが、セラピストのなかにはお客様がしんどい箇所が同じようにしんどくなったり、気持ちが落ち込んでしまったりといろいろな面で疲れが移る人もいるので注意が必要です。

しかし、そうして疲れていたお客様が自分の施術でリラックスして安らいでいる姿や、施術後に元気になって笑顔を見せてくれるようになるとセラピストとして喜びを感じます。

セラピストをやっていてよかったこと

セラピストになって大変なことをみてきましたが、次は「セラピストをやっていてよかった」と思えるような、職種ならではの魅力に迫ってみましょう。

自分自身も癒される!

セラピストは人に癒しを与えるお仕事ですが、技術や技法を深く理解することで自分自身も癒すことが出来ます。自分自身の内側と対話することによってトラウマや問題点を克服し、自分自身を癒すことができるのです。

お客様だけでなく、自分自身の「心と身体のバランス」も保つことが出来るのがセラピストの大きな魅力です。

人間関係が改善する!

セラピストには、技術同様にコミュニケーション力も問われます。お客様のお話を聞いたり心身ともに癒してあげたりするなかで、人間関係を根本的に勉強することができます。今までコミュニケーションが苦手だった人が、セラピストになって成長していく過程で社交的になったという話はよく聞きます。

コミュニケーション力が必要なさまざまな場面で、相手の気持ちを汲み取ることが出来るので、人間関係が改善していくようです。

将来的に独立を目指せる!

セラピストは、初めの頃はサロンに勤務し施術の技術を磨くことになりますが、将来的に自分のお店を持ち、独立・開業することができます。

「将来は独立したい」「フリーとしてバリバリ活躍したい」「ゆくゆくは自分のお店を持ちたい」そんな目標を叶えていくのも、セラピストとして働く醍醐味です。

また、サロンを開くとまではいかなくても、部屋の1室から、出張セラピストとして、独立することはできます。すべて自分で経営するため、自分の理想のサロンのスタイルをつくることができます。また、頑張り次第では高収入を得ることもできるのでフレキシブルに働けることもやりがいがあるといえるでしょう。

 

女性の場合、いつかは結婚し子どもを育てるために仕事をやめなければいけないという不安は常についてまわります。例えば、子育てがひと段落し、もう一度仕事をしたいと思っても、ある程度の年齢に達した女性の再就職は簡単ではありません。

しかし、セラピストの技術を持ってさえいれば、腕一本で仕事を始めることができるため、再就職への不安も少なく、自分のペースで仕事を続けることができます。

結婚や子育てのために仕事を諦めることもせずに、両立させられるのは、そういった働き方を実現できる、セラピストという仕事のメリットといえます。

セラピストはやりがいがあるお仕事!

セラピストは、仕事において、やはりお客様に喜ばれること、感謝されることにやりがいを感じていることが多くあります。セラピストという仕事は大変だけれど、その分、やりがいも格別です。

 

頑張った分高収入を目指していけますし、子育てをしながらセラピストとして長く活躍することもできます。また、将来自分のお店を持つことも決して夢ではありません。これからセラピストを目指す方は、大変さを乗り越えながら、セラピストの魅力を存分に味わってください。

セラピストになるための情報まとめ

お役立ちコンテンツ

就活講座

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
その他
  • 海外
купить семена конабиса

4motors.com.ua

протеин цена