人材不足で引く手あまた!? 未経験者でもセラピストとしてデビューできる!

人材不足で引く手あまた!? 未経験者でもセラピストとしてデビューできる!

未経験からセラピストを目指すというのは、ハードルが高いと思う人もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は未経験者がセラピストになる方法をご紹介。未経験者を歓迎しているサロンの事情や研修、セラピスト向けのスクールなどを取り上げていきます。また未経験者でも比較的楽に取れる資格についても説明していますよ。

未経験からセラピストになれるの?

そもそも未経験で知識や技術がないままセラピストになることは可能なのでしょうか。セラピストの求人を見てみると、意外なほど「未経験者歓迎」と書かれた求人が多いようですね。セラピストは人々を癒すプロフェッショナルなので、リラクゼーションに関するあらゆる知識をもっていないと1人前とは言えない大変なお仕事です。しかし現在セラピストの活躍するリラクゼーション業界は急成長をしているようす。そのため拡大した市場に人材が追い付かず、リラクゼーション業界は深刻な人手不足に陥っていると言われているんですね。

そもそもセラピストの仕事内容は?

「セラピスト」はマッサージなどの施術だけでなく、施術前にお客の要望を聞く「カウンセリング」や電話対応まで、幅広い業務をこなしています。

マッサージの種類も数多くあり、以下の6つが主な種類になります。

 

1、ボディセラピスト

2、メディカルセラピスト

3、心理セラピスト

4、リラクゼーションセラピスト

5、エネルギーセラピスト

6、フードセラピスト

 

この6つについて説明していきます。

ボディセラピスト

お客様の身体にふれて施術を行うこと。痩身や小顔矯正などを行うエステティシャン、骨盤の歪みや背骨の異常を調整し神経の働きを回復させるカイロプラクター、足の裏や手のツボを刺激することで血行を促進させ、自然治癒力や新陳代謝を高めるリフレクソロジストなど様々な種類があります。

メディカルセラピスト

医療行為を行うことから、国家資格を必要となる場合が多いです。医療セラピストは、働く場は病院や介護施設などが主となります。骨折や脱臼、打撲などのけがに対して整復・固定などの治療を行う柔道整復師、鍼や灸を利用して身体の不調を改善する鍼灸師、けがや病気のある人に対して座る・立つなどの基本動作の回復や維持を目的に運動療法や物理療法を用いて治療を行う理学療法士などの種類があります。

心理セラピスト

日常でのストレスや悩み・不安、過去のトラウマなど、生活するなかで障壁となっている心理的な負担を軽減し、改善していきます。ストレス社会といわれる現代、心理セラピストの需要は年々高まっています。心の問題を抱えた人に対して専門の知識を用いてサポートする臨床心理士、睡眠状態に誘導し潜在意識に働きかけることで解決のアドバイスを行うヒプノセラピストなどの種類があります。

リラクゼーションセラピスト

リラックス効果を高め、ストレスを軽減させる施術を行います。五感を刺激することによって、改善を促すのが特徴。リラクゼーションセラピストの中には、ボディに直接働きかけ、リラックス効果を高めることもあります。オイルを用いてマッサージを行うアロマセラピスト、音楽療法でストレスや悩みをケアするミュージックセラピストなどの種類があります。

エネルギーセラピスト

人間が持っている「気」や、物質が持っているエネルギーを用いて、癒しを与えたり、身体の不調を改善していきます。エネルギーセラピストは、科学的に証明されていない分野であることから、日本での認知度は低いです。人間の体内にあるエネルギー「気」を与え病気の治療を行う中国発祥の民間治療である気功師、自然の気を用いて癒しや体調を改善へと導くレイキセラピストなどの種類があります。

フードセラピスト

食べ物や、食生活を見直すことによって、ストレスとなっている原因を取り除くこと。フードセラピストは、学校の給食センターのほか、ジムに在中して働くこともあります。ハーブが持つ力に着目し、効能・利用方法の提案によって癒しや自然治癒力を高めるハーブセラピスト、断食についての知識を持ち、アドバイスやサポートを行うファスティングセラピストなどの種類があります。

スクールなどで専門知識を身につけよう!

マッサージの種類について説明してきましたが、種類ごとに施術内容が異なるのです。メニューごとに異なる専門知識を身に着ける必要があるので、未経験でスキルがないのであれば通信講座や専門のスクールに通ってそれらの知識や技術を身に着けていきましょう。

セラピストの休み

基本的には平日が休みのセラピストがほとんどで、週に二回お休みがある「週休二日制」のサロンも増えてきています。

お休みの取り方には「固定休み」「シフト制」の2種類がありますが多くはシフト制を取り入れている場合が多く、早番・遅番といったシフトに分かれて勤務します。

 

◎勤務時間の例

<早番>

9:30 出勤

10:00 オープン

10:00〜17:00 サロン業務

17:30 勤務終了

 

<遅番>

13:00 出勤

13:00〜21:00 サロン業務

21:00 クローズ

21:30 退勤

そのような事情からセラピストの職場となるアロマサロンなどでは、未経験者でも積極的に採用しようとするお店が増えているようです。しかし肝心なのは、就職してからお店の業務についていけるかということですね。他業種から未経験でセラピストに転職した人のなかには「最初の電話対応の時点で大変だった」とセラピストの仕事の大変さに驚くことも少なくないそうです。

 

そこで未経験者が求人サイトで職場探しをする際には、そのサロンの研修制度についても調べておくことをおすすめします。未経験者の受け入れ体勢が整っているサロンでは研修制度がしっかりしている他、「トレーナー」という役職のセラピストを雇っているところもあり、必要な知識や技術を1カ月~3カ月ほどのまとまった期間で教わることができます。また研修中に給与が支払われるお店とそうでないお店があったり、逆に研修のためのお金を取られるところもあるそうなので、研修の金額面についてもきちんと確認しておきたいですね。

 

資格って必要なの?

資格が無くてもなれる!

実はセラピストには、美容師免許のように「この資格がないと働けない!」というものはないのです。

ただし、資格を取得していると就職や転職をする際に持っていない人よりも採用に有利になったり、昇進や昇給もしやすくあったりとメリットがたくさん!

もしセラピストの仕事に興味があるなら、たくさん種類のある民間資格の中から一つでも選んで勉強しておきましょう。未経験だったとしても採用をしてもらいやすくなります。

セラピストの資格やスクールは?

「いきなりサロンに就職するのはちょっと…」という人や、「サロンデビューする前にしっかり知識をつけたい」という人は、セラピスト向けのスクールに通って勉強するという方法も。セラピストの通うスクールには2年で卒業できる専門学校や短大などがあるほか、最短8カ月で技術を習得し卒業できるスクールもあります。

 

またセラピストには様々な民間資格があるので、しっかりとした技術を習得するためにも取得しておくと良いでしょう。そもそもセラピストの仕事は大きく分けるとリンパセラピーなど体を癒す「ボディセラピー」と、精神的な癒しを与える「心理セラピー」の2種類があり、さらに細かくセラピーの種類が分かれています。なので資格の種類も「日本能力開発推進協会(JADP)」が認定するリンパセラピーの資格「リンパケアセラピスト」や、「日本リラクゼーション業協会」の「リラクゼーションセラピスト2級・1級」など様々なものがあるんです。

 

その中で未経験の方にオススメの資格ですが、たとえばアロマセラピーの場合には「アロマテラピー検定」という資格がおすすめ。これは「日本アロマ環境協会(AEAJ)」という内閣府から公益認定を受けた団体の認定している資格で、しっかりとした基礎知識を身につけることができます。出題範囲は全て「アロマテラピー検定 公式テキスト」になるため独学でも勉強しやすく、合格率が90%とのことなので、取得しやすい資格です。また空いた時間で勉強しても3カ月ほどで取得できると言われているので、すでにほかの美容業界で働いていながら「アロマテラピーの技術を仕事に取り入れたい」「アロマセラピストに転職したい」という人にもうってつけですね。

 

セラピストのやりがい

セラピストとして働いていく一番のやりがいは、お客様に喜んでもらえるということです。

来店されるお客様たちは誰も、緊張・疲れ・ストレスなどの身体の不調を抱えています。

そんなお客様たちの話をじっくりと聞いて悩みを知り、実際に身体に触れて施術をします。来店したときには暗い表情だったお客様が、施術を受けたあとに「疲れが取れたよ、ありがとう」と笑顔で帰っていく姿を見るときには「頑張っていて良かった」と心から感じることができるはず。

 

画像出典:、、

セラピストになるための情報まとめ

【施術別】セラピストの種類を徹底リサーチ

セラピストを大きく6つのカテゴリーに分けて解説。ボディ・メディカル・心理・リラクゼーション・エネルギー・フードに関するセラピストについて紹介しています。セラピストを目指す人は要チェックです。

セラピストってどんな仕事? セラピーの種類や現状がわかるセラピストの“いろは”

世の中には実に様々なセラピーが存在しています。しかし種類があまりに多いので「セラピーっていったい何のこと?」と混乱してしまう人もいるかもしれません。そんな人のために、今回はセラピーに関する“いろは”をご紹介します。

セラピストの休日・休暇について

セラピストの仕事に興味があるけれど、お休みはいつとれるのかいまいち分からない・・そしてお休みの日には一体何をして過ごしているの?今回はセラピストを目指して就職活動をする前に知っておきたい、休日について見ていきましょう。

需要拡大中のセラピスト業界!気になる給与・年収の相場や収入アップのポイントとは?

セラピストという職業の求人も増加し、セラピー業界への転職を考える人も増えてきました。そんな人にとって気になるのは「セラピストってどのぐらい稼げるの?」ということですよね。そこで今回は、気になるセラピストの給与・年収の相場を見ていきましょう。

セラピストに向いている人とは?転職する前にしてほしい適性チェック

人と接することが好きセラピストには人と接することが好きでコミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するので、コミュニケーション能力はセラピストの技術同様に必須です。

このサロンにはどんな服がベスト?セラピストの服装や制服について

今回はセラピストの服装について、気を付けなければならない点やおすすめのスタイルなどをご紹介いたします。サロンの種類によってどんな制服のバリエーションがあるのか、面接の際にはどんな服装をすればいいのかについても見ていきましょう。

私もなれる!?セラピストを目指す上で重要なポイントを伝授します

セラピストになるには、技術を学ぶためにスクールなどに通う方法と、サロンに勤務して、店舗独自の研修で必要スキルを身に付けていく方法があります。どちらでもセラピストになることは可能ですが、たとえばスクールに通う方が幅広い知識や技術を学べるという利点があるなど、違いがあります。

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。国家資格が必要ないこともあり、最近ではセラピストとして働きたいという人も増えてきています。そこで今回はセラピストになるにはどうすればいいのか解説していきます。

未経験者歓迎のセラピスト求人一覧

セラピストは全国的に未経験を積極採用しているのが特徴。しっかりした研修制度が整っており、何も知識がなくても基礎から優しく教えてもらえます

人材不足で引く手あまた!? 未経験者でもセラピストとしてデビューできる!

今回は未経験者がセラピストになる方法をご紹介。未経験者を歓迎しているサロンの事情や研修、セラピスト向けのスクールなどを取り上げていきます。また未経験者でも比較的楽に取れる資格についても説明していますよ。

アロマテラピーからタイ古式マッサージまで! セラピストの多種多様な資格を取得するメリットとは?

マッサージなどでリラクゼーションを提供するセラピスト。今回はセラピストの資格を取得するメリットを紹介していきます。資格の種類ごとに学べる知識や技術などを取り上げ、無資格でセラピストになる方法やメリットについても見ていきましょう。

セラピストにとってのスキルアップ方法とは?

お客様の心身のバランスを取り体内の不調を整える、セラピストの仕事。心身のストレスや不調を抱える人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくために技術力だけではなく高い接客力も必要となります。

セラピストにとって仕事のやりがいとは?

セラピストは、仕事でどのようなやりがいを感じているのでしょうか。今回は、気になる「セラピストのやりがい」についてご紹介いたします。

セラピストが伝えたい本音とは?

セラピストのお仕事は心身のストレスや不調を抱える人に対して癒しを与える素晴らしいお仕事です。一方で、セラピストは体力を要する場面も多く、大変なことが多いのも事実です。ここでは、そんなセラピストの“本音”について迫っていきましょう。

セラピストになって良かったこと、大変なこととは?

セラピストのお仕事は人を癒すことができる素晴らしいお仕事です。一般的に良く知られているのがアロマセラピストやボディセラピストなどのマッサージ系のセラピストです。

セラピストが受けるクレームや、対処の仕方って?!

セラピストの仕事は接客業なので、どこのサロンでも少なからず必ずお客様からのクレームは発生するもの。一体どんなクレームがあって、セラピストたちはどんな対処をしているのかを見ていきましょう。

土日休みOKのセラピスト求人一覧

セラピストは比較的自由にシフトを入れやすく、完全希望制のシフトをとりいれている店舗も。基本的に土日はパートやアルバイトの方がカバーしてくれるため、平日だけのフルタイム勤務にすることも可能です。

研修制度ありのセラピスト求人一覧

【研修制度あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【Njmakerspace】。研修制度ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのセラピスト求人一覧

【歩合あり】セラピスト、アロマ、リラクゼーションの求人・転職・募集の一覧ページ。セラピストの求人情報探しなら【Njmakerspace】。歩合ありのセラピスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

セラピストの転職・入社に有利な時期って?

就職、転職時期を考えるにあたって、まずはセラピストの繁忙期を知っておきましょう。セラピストの繁忙期は8月~9月初めまでの夏の時期です。暑い夏の時期は肌の露出も増え、気持ちも昂るのでご来店されるお客様が多くなります。

セラピストになる為の第一歩!履歴書の書き方をおさらい!

「セラピストになりたい!」というとき避けて通れないのが履歴書です。しかし、具体的にどのようにアピールすればいいか、書き方がわからないという方もいるのではないでしょうか。

セラピストに転職するにはコレが肝心! 職務経歴書のうまい書き方とは

セラピストは大変人気のある職業です。そのため全く違った業種から未経験でセラピストの世界に飛び込む方も少なくありません。しかし、セラピストは本人のスキルや経験がものをいうお仕事です。

セラピストの面接対策。質問・志望動機・服装について

一口にセラピストといっても様々なタイプがあります。例えば、お客様の体調を整えて不調を治していく「ボディーセラピー」や人の心の問題を癒してくれる「心理セラピー」のほか、気やエネルギーを使う療法の「エネルギー系セラピー」といったものまで多岐に渡ります。

セラピストに転職!面接がうまくいく志望動機とは

「セラピストに転職する際、履歴書に志望動機をどのように書いたら良いの?」と悩む方のために、志望動機の書き方について押さえておきたいポイントを紹介します。

セラピスト面接での逆質問って?メモにとっておきたくさん質問しよう

面接であなたへの質問が終わったあと、必ず毎回聞かれるのが「最後に何か質問はありますか?」という一言。ここで「いえ、特にありません」と返すのは非常にもったいない事です。

セラピスト面接での自己PR!自分の自信を伝えよう

内定をもらうためには絶対に外せない自己PR文ですが、そもそも自己PRとは何なのか、何をアピールすれば良いのか、よく分からない方も多いと思います。今回は「自己PRとは一体何なのか?」「どんな内容を伝えるべきなのか?」を考えていきましょう。

セラピストの面接で聞かれる質問について

セラピストはお客様の心身のバランスを取り体内の不調を整え、人に対してさまざまな方法で癒しを与え、解決へ導いていくお仕事です。技術や技法を深く理解することで自分自身の内側と対話し、自分自身も癒すことが出来ます。

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
その他
  • 海外